--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年04月27日 (20:56)

ついにはじめちゃいました ~うつが悪化しないか心配~

はやくもGWの前半に入りましたね

わたしの会社は28日が休みなので、まさに前期GWといった感じです

すでに二日経ちましたが、寝てばかりいるわたしです

みなさまいかがお過ごしでしょうか


どうも

寝杉@うつ病

です


タイトルですが、ついにわたくしもFXデビューを果たしました

金曜の夜がわたしのデビュー日です

いやぁ、しかし、百聞は一見にしかずとはよく言ったもので、いくら本を読んでいても、実際にやってみなければどういうものだかわからないものですね

FXはわたしが想像していたものとは全く違うといいましょうか、かなりエキサイティングなものでした

わたしはFXをのんびりと資産を増やすものだと思っていました

たしかにそのような運用の方法もあります

しかし、わたしが今回行ったのは超ド短期売買です

ほんと、わずか数秒単位で売買するんです

為替は当り前ですが、秒単位で動いています

たとえば、今米ドルが104.18銭だとしたら、早い時は一秒ごとに19銭、20銭と動きます

1銭や2銭動いたって、どうってことないだろうと思うでしょ?

しかし、レバレッジ200倍で取引をすれば、資産がわずか10万円でも一度に10枚(米ドルなら10万ドル)の取引が行えます

これはどういうことかと云いますと、1銭動くと、1000円動くということです

つまり、104.18銭で10枚買って、104.19銭で10枚売ると、1000円儲かるということです

わずか1秒で1000円、2000円が動くわけです

これはわたし、正直、しびれるほど、面白い!と思いました

しかも、売りからも買いからも入れるわけです

「下がる」と思えば売りから入って、売った値より下がった値で買い戻せばいいわけですし

「上がる」と思えばその逆で、買った値より高い値で売ればいいわけです

もう、ねこまっしぐら並みに夢中になっちゃいました

だって、数千円が数秒で動くんですよ!

これは今までのどんなギャンブルより金銭の動きが激しいですよ

競馬にしてもパチンコ、スロットにしても、わずか数秒で1万円が動くことはないでしょう

株にしても同じです(株は投資資金の規模によりますが)

たった10万の資金で、それだけの取引ができる面白さはもうたまりません

わたしの初日の結果は、ビギナーズラックも手伝ってか、+5000円でした

時間にして2時間程度の取引でした

当然、マイナスになったり、プラスになったりを繰り返して、最終的に+5000だったわけですが

これからはもっとチャートの読み方や、機の予測の仕方を勉強して、さらにプラスを出せるよう頑張っていきたいと思ってます

ブログランキングに参加してます!
お願いします!もうここは何もいわずに、両方ぽちっとやってやってください!
   ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓
人気ブログランキング  FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
カテゴリ : FX記事のURL コメント (4) トラックバック (0)

2008年04月23日 (22:52)

Javaでジャバっとじゃばじゃば遊ぶ

京都では連日25℃を超える夏日が続いています

明日は全国的に雨らしく、きゅっと気温が下がるようです

こんな時に風邪をひきやすいんですよね

みなさん、いかがおすごしですか


どうも

プロア@うつ病

です


いやぁ4月も早三週を終え、四週目に入ってますね

わたしは4月1日から復職したので、ちょうど、23日経過したんですね

ええ、うつにも負けず、日々働いておりますよ

わたしのお仕事は名目上、プロダクトエンジニアというものです



やってることはシステムエンジニアと同じです

お客さんが作りたいシステムの設計をして、プログラムを書いて、テストして、なんて一連の作業を行うわけですね

わたしはJavaが得意なので(というよりほかにほとんどできないw)、今もJavaでコードを書いているんですが、相手がコンピュータの仕事は、体は使わなくて楽だけど、その分頭を使うことになって、精神衛生上、それほど良い環境とはいえません

特にわたしうつ病ですからね、ははは

コンピュータは0と1の世界だけあって、全く妥協をしてくれません

少しくらい大目に見てよってのも一切通用しません

ダメなものは絶対にダメ

まるで麻薬撲滅キャンペーンのポスターのようにかたくなです

プログラムを組んでいると、そういうところでイラッときたりします

たった一つのエラーに数時間、下手したら数日向かい合うこともあります

PCに回し蹴りをくらわせたくなることなんて日常茶飯事です

もちろん納期がある中の話ですので、その精神的プレッシャーと来たら、うつの症状悪化うけおいです

そこを薬をパリポリやってぐっと我慢してるんですね

おそらくコンピュータとうつ病は相容れない関係なんでしょうね

なんでも白黒はっきりさせるコンピュータと、精神という微妙で曖昧なものに左右されるうつ病

うつ病のコンピュータとか、一度さわってみたいですね

ブログランキングに参加しています
温かいあなたのクリックが必要なんです
両方ぽちっとお願いします!
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

2008年04月20日 (18:08)

ぼくとうつのお薬たち その2 ~パキシル~

ずいぶん暖かくなってきましたね

わたしは何故か風邪をひいてしまって、寝込んでいました

季節の変わり目は気をつけたいですね


どうも

束の間の休息@うつ病

です


さて、わたしのお薬のお話も第二弾になりました

今回はやっぱり外せない、このお薬、パキシルについて書こうと思います

だって、パキシルでパッキパキですし、汁でまくりですからw

さて、このパキシル抗うつ薬としては結構有名なようで、うつ病の方の日記など見ていると、ちらほら名前が出てきます

選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)というらしく、これまでの抗うつ薬の欠点をかなり減らしたものらしいですね

処方され始めてから効き始めるまで、約2週間~一か月かかります

ですから、もう鬱々でどうにもならなくなってから処方されても、少なくとも一か月近くは我慢しなければいけません(わたしがそうでした)

そして効き始めてもすぐに効果を実感できません

気がつけば鬱々とした気分になることが減っているといった感じです

一応きつい抗うつ薬ではあるらしく、いっぺんに大量処方はされません

はじめは10mgから、二週間ごとに20mg、30mgと増やしていきます(もちろん効きが見られない場合)

うつ病で処方されるMAXは40mgです

わたしも長く40mgが続いていたのですが、ここ数か月やっと30mgでも鬱々とすることがなくなり、ほんの少し減らすことができました

この薬は増やしていく時は早いですが、減らすときはかなりの注意が必要です

詳しくはまた書かせてもらいますが、わたしはそれで一度厳しいリバウンドをくらっちゃいました

この薬もやはり眠気などの副作用があります

またやる気無し男になってしまう原因の一つでもあるのではないかと疑っております

さらに、この薬が主な原因でわたしは性欲を失ってしまっています

いやぁ、まさにビバ僧侶生活みたいな感じですね、そんな境遇になってみたい人にはお勧めの逸品です

しかもこの薬、18歳以下への処方はかなり注意を要するらしいです

なぜかといいますと、なんと自殺してしまう確率が増えるらしいんですね

抗うつ薬飲んで自殺してまうって、どないやねん

といった感じですが、どうもそういう作用も出てしまうらしいんです

まあ、そんなパキシルですが、今のわたしにはなくてはならないパートナーとなってしまっているところが、やっぱりパッキパキとしか云いようがないですな

ブログランキングに参加しています

パキシルパッキパキなわたしに愛のクリック
クリック♪→人気ブログランキングへ
クリック♪→FC2 Blog Ranking

カテゴリ : 記事のURL コメント (6) トラックバック (0)

2008年04月15日 (22:11)

うつ病の症状とはたぶん関係ないんですが・・・・・・

今日は宵まで暖かく、いよいよ春本番を感じさせられました

季節の変わり目、皆様いかがお過ごしでしょうか


どうも

働き蟻@うつ病

です


さて、昨日のことになりますが、わたくし、恒例の心療内科へと行ってきました

もはや薬の処方箋をもらいに行くだけとなってしまった感のある場所ですが

昨日は久しぶりに一分を超える診察を受けてきました

というのも、最近わたしは頭痛に悩まされておりまして

朝や昼はどうってことないのですが、数日に一度、きまって夕方くらいから頭痛が始ります

だいたいは家に帰ると治まるのですが、それまでがかなり苦痛でして

まあ、うつ病とはおそらく関係ないとは思っていましたが

その件を話したわけです

ゆ「近頃頭痛がひどくて困っているんです」

医「もしかすると、緊張からくる頭痛かもしれませんね」

ゆ「いえ、そういうのではなく、宇宙からの電波がゆんゆんと頭に入ってくる感じなのです」

医「・・・・・・・・・・・・」

ゆ「・・・・・・・・・・・・」

てな会話はなかったのですが、まあ、薬を処方してくれることになったわけです

しかしですね、その処方された薬がなんとロキソニンなんですね

この薬、ご存知の方はご存じでしょうが、痛み止めで有名な薬です

人によって効きは違うのでしょうが、わたしの場合、ガッキガキに効きます

以前交通事故で怪我をした時に処方されたのもロキソニンで、眠れないほどの傷の痛みが、嘘のように消えてしまうんですね

しかしそれだけに副作用も強く、まず胃が非常に荒れてしまいます

そして眠気、これはものすごく強いです

抗うつ薬抗不安薬なんて目じゃないです

下手したらハルシオンより効きます

そんな強烈な薬をホイホイ頭痛ごときで処方してくれるんですね

普通はどうなんですかね、頭痛にロキソニンなんて処方するものなのですかね

わたしはこれまで純粋な頭痛薬を医者から処方された経験がないので何とも云えないのですが、さすがにロキソニンはないだろうと思うのですが・・・・・・

彼(主治医)は本当に大丈夫なんでしょうか、かなり心配になってきました

ブログランキングに参加しています

あなたのそのクリックでわたしの頭痛も飛んでいきます!さあクリック→人気ブログランキングへ

こちらのクリックで宇宙からの電波ゆんゆんです!さあ、ゆんゆん→FC2 Blog Ranking



カテゴリ : 記事のURL コメント (20) トラックバック (0)

2008年04月13日 (20:00)

うつ病への接し方は難しいんです

ずいぶん暖かくなってきましたが、なぜかお外より家の中の方が寒いです

ストーブはまだまだ使ってますとも

はい、かなりの寒がりなんです、わたし

どうも

休日のうつ病

です

いやいや、しかし、うつ病ではない人にうつ病を理解するのはやはり難しいのですね

うつ病そのものの症状もさることながら、抗うつ薬抗不安薬によってもたらされる副作用についてもなかなか理解は得られないものです

というのも、実は昨日、ショッキングといいましょうか、かなり精神にがつんときた出来事がありました

休日の恒例のように、子供とともに昼寝していたんです、親子三人で昼寝です

で、子供と母親が目覚めるわけですね、そしておやつやらなにやらと云ってるわけです

わたしも一応起きだして、付き合うわけですが、その後またゴロリンとしてしまうわけです

これはもう自分の意思云々ではなく、どうしようもないほどの重力で、抗いがたいわけです

で、わたしはゴロゴロとしてたわけですよ

すると、妻の機嫌がどんどん悪くなっていくんですね

しまいには子供にまで当たる始末なので、わたしが「何をそんなに怒ってるのか」と尋ねたわけです

するとですね

「あんたがいつまでもゴロゴロしてるからでしょ!」

との厳しいお言葉が・・・・・・

「なっ!」ってなりましたね

以前からゴロゴロしてしまうのは、薬の副作用だから仕方がないと、ちゃんと伝えていたのに、何も理解されていないと思いました

妻の言い分としては、何もかも(子供の面倒や家事)わたしがやっているのに、あなたはずっと、ゴロゴロしているなんて、理不尽だ、というものです

しかしですね、わたしだって、昼寝に入るまではちゃんと家事もしますし、子供の面倒も見ているわけです

本当なら一日中ゴロゴロとしていたいのをぐっと耐えて、なんとか体に鞭打って動いているわけです

もう、なんといいましょうか、素敵なほど絶望感につつまれてしまいまして

一気に離婚話までいきましたよ

「わたしの病気を理解できない人とはこれ以上一緒にいられない」ということを云ったと思います

まあ、結局はお互い言いすぎたということで和解したのですが・・・・・・

妻が云うには、普段は普通にしか見えないから、つい忘れてしまう(うつ病であることを)らしいんです

それは薬を服用しているからなんですが、なかなか理解は難しいみたいです

家族という一番近い存在でも、それくらい理解が難しいのですから、うつ病はやはり理解されにくいのだろうなと、しみじみ思った休日でした

ブログランキングに参加してます!

クリックしていただけると、絶望感も薄らぎます→人気ブログランキングへ

こちらも何卒お願いしますです→FC2 Blog Ranking
カテゴリ : 記事のURL コメント (14) トラックバック (0)

2008年04月11日 (22:36)

ぼくとうつのお薬たち その1 ~デパスくん~

すっかり春らしくなってきたと思いきや

雨で桜は散ってしまうし、気温はなんだか肌寒いし

ストーブがまだまだ手放せません


どうも

働くうつ病

Death


わたしはうつ病なので無論お薬を飲んでいます

いわゆる抗うつ薬から抗不安薬睡眠薬から果ては頭痛薬や血圧の薬まで
なんだかうつと関係ないものまで処方してもらってたりします

そんななかで、今日はかなりお世話になっている

デパスくん

のお話をしたいと思います

デパスはいわゆる抗不安薬です

マイナートランキライザーってやつで神経の高ぶりや興奮、緊張などを抑えてくれるんですね
それにより不安感をなくす(というよりあまり感じさせなくする)んです

しかし、こいつはさらにすぐれものでして、実は抗不安作用のみではないんですよ

筋弛緩作用がありまして、肩こり緊張性の頭痛にも効いちゃうんです!

わたしは職業柄、非常に肩がこりまくってまして、肩こりから頭痛もしょっちゅう起こります
ですので、この筋弛緩作用は非常にありがたいんですね

このすぐれもののデパスは、そういう作用もありますので
じつは心療内科や精神科以外でも処方されます

だから、いわゆる向精神薬指定(勝手に友達とかにあげちゃうと、お手々がうしろにまわっちゃうというお薬)をうけていないんです

そんな素敵なデパスくんですが、やっぱり副作用はあります

まず一番に、眠くなることですね
これは仕事中などの緊張状態にある時はほとんどならないのですが、リラックスしている状態になると、非常にきます

そしてゴロゴロしちゃいます
抗不安薬抗うつ薬はみんなそうですがね

さらにさらに、これもうつのお薬に共通するところですが
なんだかフワフワした感じに襲われます

まあ、良い薬にはその分副作用も当然あるってことですね

この記事はためになった? YES  だいたいYES

おちゃめしちゃった! てへっ(両方クリックしてみてね♪)
カテゴリ : 記事のURL コメント (4) トラックバック (0)

2008年04月06日 (17:29)

うつ病で性欲がなくなることは障害なのか

すっかり春めいてきましたね

季節の変わり目、皆様お風邪などお召しになっておられませんでしょうか

わたしはなんとか息災に過ごしております


どうも

プロレタリアートうつ病

です


こう、なんと云いましょうか、うつ病ですだけでは、なんとなくしまりがないというか、決まりが悪いので、いろいろ試してみる方向で行きたいと思います


さてさて、わたしのブログは近親者含め、数々のリアルな友人にも知られており、見てくれている人も多いのですが、最近、よく性欲がなくなるなんて、大変だね」と、慰撫の言葉をかけてくれる人が多いのです

さて、わたしは考えましたよ
はたして性欲がなくなるということは、それほど大変なことなのだろうかと

うつ病が原因(正確には抗うつ薬)で引き起こされている以上、性欲の喪失は、うつ病からくる障害であると考えてもいいと、以前書いた覚えがあります

しかし、よくよく考えてみると、たしかに障害障害であるとは思うのですが、果たしてどこまでそれで困ることがあるのだろうかと

もしわたしが妻帯していなければ、ほぼ困ることなどないのではないでしょうか
逆にいわゆる風俗や、DVDへの出費が抑えられるという利点まであり
障害として考えられるものかどうか、怪しいのです

わたしは妻帯しておりますので、まあ、相手がいるという前提での話になってしまい
性欲が皆無では都合が悪いことも多いだろうという話にはなるのですが

わたしを慰撫してくれている言葉はどうやら、奥さんも大変ねという意味合いではなく、わたしの性欲自体が無いという症状が大変だねという意味らしいのです

さて、相手を考えることなく、わたし自身の症状だけで考えるなら、性欲の喪失はそれほど大変なことではないんですね、これが

ある意味不思議な感覚とでも申しましょうか
どんな時でもムラムラ来ないという状態は、一種悟りでも開いたかのような感覚でして

おそらく一般的な性欲の喪失から想像される状態とは遠いと思うのです

むしろ苦しいのは性欲があるのにできない状態です
いわゆる煩悩のうち、最も強いものが性欲だといわれるように
それを抑えることは並大抵の根性ではなしえません

たとえば、古代中国で刑の一つとして行われた腐刑というものがあります
そのなかには、陰茎のみを切り取るという残酷なものがあったようです
つまり、性欲はあり、やりたいとも思うのに、肝心の棒がないわけですね
そのような状態ですと、これはもう地獄といってもいいでしょう

しかしながら、わたしの場合、性欲が突然消失してしまったのですから、抑えているわけではないのです

単純にムラムラ来ないホイホイついていかないといったところでしょうか

もちろん、現在の状態がうつ病から引き起こされた障害であり、この症状のままでいいとは思っていませんが、まぁ、それほど苦しみを伴う症状でもありませんので、のんびりと回復を待つという方向でOKかと思います

ブログランキングに参加しています!

現在16位前後です、なんとか10位入りを目指しています!どうか清きクリックを→人気ブログランキング

こちらも応援していただけると、非常にうれしいです、なにとぞクリックを→FC2 Blog Ranking
カテゴリ : 記事のURL コメント (4) トラックバック (0)

2008年04月04日 (00:57)

或るプロレタリアートのつぶやき

四月になりました

桜の花が咲きました

わたしの頭も咲いてます


どうも

うつ病

です


嗚呼、ついに無職の二文字が外れてしまいました

無職のときは無職のときで、いろいろ辛いこともあったのですが、やはりプロレタリアートは格別に辛いですな

世間の荒波は高かった・・・・・・ってな感じです


四月一日からわたしも一社会人としてつとめびととなりました
エイプリルフールだったので、自分でも何かの嘘かなぁと思っていましたが
どうやら本当だったようです

今、京都市内のある会社でシステムエンジニアをやっております
正式にはプロダクトエンジニアという役名を与えられておりますが、やってることはまあ、基本的にシステムエンジニアです

Javaを使った開発の設計から実装までを一人でこなすプロジェクトなんですね
まあ、勝手知ったるといいましょうか、慣れているといいましょうか
Javaは得意なので、一人でも全然問題ないんですが

同じ四月から入社の新入社員の方にJavaを教えるという任務もうけおってしまって

わたしのようなだめよだめだめだめにんげ~ん
に教わって大丈夫なんでしょうか、という危惧はありますが

それを云ったら、数か月前まで教えていた高校生たちがかわいそうなので、あえて云わないことにします

うつ病のことは黙っているつもりはないので、これからオープンにがんがん伝えていきます

もちろんそれを理由に甘えようなんて気は一切ありませんが、病院の日などは多少早く帰る必要があるので、いずれわかることですし

さてこれからシステム開発の日々が続きますが、わたしの精神はどうなっていくのやら
この先がわたし自身楽しみでもあり、不安でもあります

わたしは社会に適合できるのか!?

なぁんて、まあ、無理でしょうけど
おほほほほ


ブログランキングに参加しています

性欲はないけど、男にしてやってください!クリックお願いします→人気ブログランキングへ

こちらもクリックしていただけると、男を通り越して漢になります!→FC2 Blog Ranking

2008年04月01日 (01:26)

続々・ただいまFXの勉強中 ~怒涛のうつ病患者~

いやはや、いよいよ3月も終わりですね

どうも

無職うつ病

です

このフレーズも今日が最後かと思うと、感慨ひとしおです


さて本日は、前回の続きで、FXの特徴の一つである

スワップ

について語りたいと思います

前回にも少し触れましたが、スワップとは何かと申しますと、これ、金利のことなんですね

FXでは、外貨を買うとその国の政策金利分の金利が発生します

日本で金利というと、いわゆる0金利が続いていたように、超低水準の金利です
いまでも0.5%くらいのふざけた金利ですので
いくら銀行に預けようとも、金利で儲かるなんてことはありません

しかし、海外ではいわゆる政策金利が3%や5%など、非常に高い水準の国も多くありまして

とくに、日本の投資家に好まれるのは、5%前後のオーストラリアドルや6%ほどのNZドルです

「なんだ、それでも5%じゃん、100万でも1年で5万でしょ」なんて思うのは早計というものです

前回説明したように、FXにはレバレッジという強い味方がおります

ここで、1万オーストラリアドルを買ったと考えてください
この1万オーストラリアドルは1日で150円(現在値、これは日々変わります)の金利を発生させます

今、レバレッジ2~30倍で35000円の資金で、1万オーストラリアドルが買えますから、これを35万の資金で、10万オーストラリアドル買ったとしましょう

すると、1日の金利はなんと、1500円です

これはばかになりません

1日1500円ということは、1年でなんと、574500円にもなっちゃうんです

仮に35万の商いをする保証金として100万を入れていたとしても、57万の金利は、元手の57%です

これは非常にでかいですよ

しかしまあ、もちろん、スワップにもいいことばかりではありません

FXは外貨預金と違い、通貨を買うことだけでなく、売ることからスタートすることもできます

つまり簡単に言うと、1ドル100円でこれから下がりそうだと思ったとします
すると、ドルをもっていなくても、売ることができるんです
これは一旦ドルを借りて、それを売ったということにするんですね
で、たとえば95円まで落ちた時点で買い戻すわけです
すると差益は5円になるというわけなんで、上がりそうだなと思った時も、下がりそうだなと思った時も、どちらからでも商いができるわけです

で、この売りから入るというところがポイントでして、この場合、一旦ドルを借りるわけですから、当然マイナスの金利が発生します
マイナススワップです

これは先ほどのプラスのスワップと正反対のことが起こります
先の例ですと、1年間売りのポジションで持っていると、57万の損失が出てしまうわけです

まあ、慣れないうちは売りから入るなんてことはないでしょうし、長期で持つ場合、どうしても考えやすい買いから入ると思いますので、短期売買の1日持ち越し程度のリスクなんですがね

とにかく、スワップ益だけを目当てにFXをする投資家もいるくらいですから
スワップは非常に重要なインカムゲインなわけです


ブログランキングに参加しています

何卒、何卒クリックを!クリックをぉぉぉぉ!!→人気ブログランキングへ

こ、こちらにも、こちらにもクリックをぉぉぉぉ!!→FC2 Blog Ranking
カテゴリ : FX記事のURL コメント (2) トラックバック (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。