--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年07月19日 (23:58)

くすりを飲んで生きているということ

日々の疲れをためにためているプロレタリアートの皆さんこんばんは

待ちに待った3連休

皆さんいかがお過ごしでしょうか

わたしは昨日また発熱しまして、奇しくも4連休です

でも、熱が出ているなんて、ちっとも嬉しくないです


どうも

ちょい落ち@うつ病

です


えらいこっちゃ、ランキングがウナギ下がりどすえ

さあ、みなさん、順位確認して、助けてくださいませ

人気ブログランキング順位確認

FC2 Blog Ranking順位確認


わたくし、夜はもはやハルシオンがないと眠れません

日々、パキシルトレドミンといった抗うつ薬、それにデパスアビリットといった抗不安薬を飲んでいます

それがないとまともな生活を送れません

抗うつ薬抗不安薬を飲んでいてさえ、うつ病の症状が完全に抑えられるわけではなく、今のように、軽く、もしくは深く沈む時があります

つまり、わたしは薬がないと生きられないのです

誇張ではなく、生きられないと思います

どこで見たのか覚えてないので、正確な情報かどうかも分かりませんが、毎晩睡眠薬を飲んで眠るのは、毎日一箱のたばこを吸うのと同じくらい体に負担をかけると書いていたものを読んだ記憶があります

なんといいますか、悲しいです

だったら、抗うつ薬抗不安薬まで大量に飲んでるわたしはどうなるのでしょうか

薬に生かされているという感覚は、もう、わたしは中毒であるという認識に通じます

それなくしては生きていけない、まさに中毒

うつ病の怖さをまたしても思い知った気がします

いつになったら抜けるのでしょうか

もう薬を飲み始めて3年になります

3年間もこんな大量に薬を飲んでいるのです

わたしの体は蝕まれているのでしょうか

どんどんどんどん蝕まれて、最後には何も残らないのではないでしょうか

薬を飲むと楽になります

抗不安薬であるデパスは特に、わたしには効果覿面、何が不安だったのかさえ、忘れさせてくれます

しかし、本当にそれでいいのかと、時折思います

不安を受け入れられる耐性が徐々に削れている気がします、わたし自身が弱くなっている気がします、薬に頼らざるを得なくなっている気がするのです

焦らず、のんびりと

そう、ゆっくり治していけばいいと考えていました

今だってそう考えています

でも、本当に治る日はくるのでしょうか

急に底の見えない深淵をのぞいた気がして、そしてそこから上を見たら、実はわたしの立っているところも真っ暗やみの深淵の中のような気がして、いてもたってもいられなくなる時があります

嗚呼、わたしは正常とはいえないのでしょうか
スポンサーサイト
カテゴリ : 記事のURL コメント (15) トラックバック (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。