--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年02月28日 (23:34)

先日33のぞろ目に成りおおせまして候

ぼつぼつと春の香りがそこここに宿って参りました

春どころの話じゃねぇよと嘆くプロレタリアートの皆さまこんばんは

職安の職業検索に引っ掛かる職の数が目に見えて減っている状態ですが、わたしは元気です

どうも

ついにぞろ目@うつ病

です

先日、2月の27日にわたくし誕生日を迎え、いよいよ33歳、男盛りの年を迎えた次第で御座候

しかしながら、ふとわが身を見ますれば、うつ病を患う無職の33男と、怖気がふる状態

さらに独身ならまだしも、家族持ちときたものですから、いよいよ米塩の心配まで重なる今日この頃です

先だってのぞろ目、22歳のころ、わたくしはまだ大学生でありました

将来に希望も夢も盛りだくさん・・・と云えばまあ、嘘になりますが、ある程度現実を見た上でも、まさか次のぞろ目に無職とは思ってませんでしたよ、ええ

まあ、無職が悪いわけじゃないとは思います

こんな景気だからとか、こんな社会だからとか、よそ様のせいにするつもりは毛頭ございませんが、まあ、無職という状態もそれほど悪いものでもないもので、生活さえできるならば、まあなんとかぼつぼつやっていけなくもないです

しかしながら、お金がないと生活はできないという資本主義社会の絶対法則がある以上、いつまでも無収入ではこれ干からびてこの世をおさらばしなければならんわけでして

普通の人は干からびるのは御免蒙る心情でしょうから、以て働いて賃金を得て糊口を凌ぐわけでございます

その点無職は働かないわけですから、賃金は得られず、徐々にであろうとも干からびる道を歩んでいることこれ決して否定はできず、このままではいかんと思えども如何ともしがたし状態という精神の腐れ具合と来ては、もはや嫁子どもには申し訳も立たず、これ涙なくしては迎えられぬ誕生日と相成り次第候

なんつって、結局嫁さんがケーキを作ってくれて、志道と喜んで食ったわけですから、干からびるのはまだ先のようだとのんびり


ブログランキングが酷いことになってるよ!
クリッククリック~♪そうだ!クリックしよう!
人気ブログランキング

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
カテゴリ : 記事のURL コメント (6) トラックバック (0)

2009年02月14日 (22:16)

三歳児は抹茶がお好き

2月半ばというのに、ほのぼのと暖かな日が続きます

そんな麗らかな日差しとはうらはら、寒々とした懐具合が身にしみるプロレタリアートの皆さんこんばんは

わたしの懐には子ども銀行券くらいしか入ってません

どうも

散歩日和@うつ病

です

今日は本当に暖かくて、家族3人で長建寺という伏見にあるお寺へ散歩がてら行ってきました

わたしの住む伏見は名水で知られており、長建寺にも伏見名水の一つ「閼伽水」(あかすい)があります

お参りして持参したペットボトルにお水をもらって、お水を飲んだんですが、これがなかなかまろやかでおいしく、志道もがぶがぶ飲んでおりました

伏見は水の町だけあって、川が多く、川沿いの道を歩くと、本当に春の足音はそれほど遠くないところに聞こえて、ちらほら咲く梅の花を見ては、思い浮かぶは花鳥風月なんつって

まあ、てくてくよちよち帰ったわけですよ

でね、帰ってから嫁さんが抹茶を淹れようかと、こう云い始めたわけです

せっかくいいお水をもらってきたわけだし、それでお茶を淹れてみたいと、こうきたわけです

余談ですが、われわれ夫婦はまだ夫婦になる前に少し抹茶に凝っていた時期がありまして

茶碗を買いにわざわざ信楽まで足をのばしたことも何度もあるほどでして、お茶道具一式は揃っており、お抹茶もちゃんとあるわけなんですね、家に

で、嫁さんがお茶を立ててくれて、二人で飲もうとしたら、志道が「しーちゃんも飲む」とこう来たわけです

嫁さんは一口あげるつもりで茶碗を持たせてやったんですが、どうやらおいしかったみたいで、結局茶碗は離さずに全部飲んでしまいました

息子は1歳のころからわれわれの飲むブラックのコーヒーを欲しい欲しいと一緒に飲んでいて、どうやら苦い飲み物には抵抗が全くないようなんですが、まだ3歳でお抹茶とはなんと高雅なお子なのやら

わたしなど母親が嫌いだったせいもあり、抹茶を始めて飲んだのは学生の頃だったというのに

まあ、別に体に悪いわけでもなし、問題はないんですけどね、なんだか楽しい子どもだなぁとわが子ながら思っちゃいましたよ

お抹茶はまろやかなお水のせいもあり、非常にとろんとした感じでおいしかったです

志道もわたしもおかわりしちゃったくらいです

歩いて往復1時間ちょっとくらいの場所なのでまたお水をもらいに行こうかな


ブログランキングに参加しています!
クリックしていただけるととても喜びます♪
人気ブログランキング

FC2 Blog Ranking
カテゴリ : 記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2009年02月07日 (23:35)

DS三昧な人がいるんですが・・・

寒い寒いと思っていたら、なんといつの間にか2月じゃないですか

プロレタリアートの皆さまがどんどん生きにくくなっていると聞きまして筆をとりましたよ

みなさまご機嫌いかがでしょうか、わたしは胃が痛いです

どうも

子どもの行方が心配@うつ病

です

前に記事を書いたと思うんですが、うちの愛息、志道君、もう自分のPCを持ってて、ヨウツベをガンガンみてて、お絵かきソフトも自分で立ち上げて勝手に落書きしているような電脳幼児なんですが、彼がついにゲームに興味を持ち始めたようです

最初はそれほどでもなかったんです

妻がわたしのDSで遊んでいたんですよ、とんがりぼうしと魔法の365日っていうソフトなんですけどね

妻が志道を寝かしつける間暇だから最初はやってたみたいなんですが、志道がずっとそれをみてて、何日もしないうちに、自分から「やってやって」とせがむようになりました
やらないというと大泣きする始末

それで1か月近く毎晩のようにDSしている妻の横に顔をひっ付けて一生懸命眺めていたんですが、ある日、「しーちゃんもやる」と言いだし、そこに妻がキャラを作ってあげたり基本的な操作を教えてやったりしたもんだから、すっかり自分でできるようになってしまいまして・・・・・・

志道くんは3歳になったばかりのほやほやの幼児なんです、わたしは非常に心配ですよ
DSに向かってじ~っと真剣な顔してかちゃかちゃ指を動かしている姿がとても幼児には見えないんです

もちろん文字はまだひらがな程度しか読めませんし、言葉の意味もそれほど知っているわけではないので、ゲームの会話など分かってないですし、何をすればいいのかも知らないでしょうが、それでもアイテムを拾ったり、売ってみたり、買ってみたりと彼なりに試行錯誤していろいろやってるわけです

なんといいましょうか、これは喜ぶできなのか、悲しむべきなのか
勧めるべきなのか、止めさせるべきなのか
非常に悩みます

あまり長時間やるようならさすがに止めますが、もう大泣きするんです
「でぃーえすぅー、でぃーえすぅしたい~」って

時代はどんどん変わり、われわれを取り巻くものもどんどん変わります
子どもの遊びの一つにそういうものが加わってもいいのですかね
わたしには答えが出せません
だからやり過ぎにだけは注意してますが、完全に禁止することもないんです

いったい将来どうなるんですかね、3歳にしてネット、PC、ゲームそういうデジタルな環境が調っているという状態はおそらく志道くらいの世代からじゃないでしょうか

今の期待としては、早いうちからゲームに目覚めた分、飽きるのも早くなって、もう早々と自分で作ったりし始めたら面白いなぁなんて思ってるんですがね

まあ、目が悪くなるとかわいそうなので、そこにだけは気をつけます


さあ、みんなでクリックしよう!
人気ブログランキング

FC2 Blog Ranking
カテゴリ : 記事のURL コメント (4) トラックバック (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。