--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年07月30日 (00:35)

超速煩悩退散! Androidアプリ『煩悩』作っちゃいました。

久しぶりに雨の一日、連日の35度超えのなか、少しは涼しくなるかと思いきや、雨があがるやいなや、むわっと蒸し暑い残念な気温にさらされました。

京の都はほんとに蒸し暑いどす。
これだけ蒸し蒸しすると、頭蓋のなかも蒸されて、脳に黴が……あ、脳がないや、じゃあ大丈夫!

というわけで、この蒸し暑い中みなさま如何お過ごしでしょうか。

どうも
脳が行方不明@うつ病
です

ランキング絶賛低下中です!
みなさまのお力添えを、何卒! クリックプリーズ!
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking


さて、以前記事でお伝えした、Androidアプリ作成チーム武士Droidですが、このたび、超速煩悩退散アプリ、『煩悩』を上梓しました。

どんな感じのゲームかは
武士Droid『煩悩』
こちらをご参照いただければ分かると思います。

アイコンが
煩悩
こんな感じです。

実は、アイコンやタイトルなどわたしがデザインしちゃったりしてます。

わたしは一応Javaプログラマだったんですが、相方の方が凄まじいほどの技術力をもっておりまして、武士Droidでは完全に裏方といいましょうか、システムの部分以外を担当しちゃってます。

じつはこの『煩悩』の前に『EarthDarts』というアプリも出しているんですが、そちらもよろしければ武士Droidのページから見れますので、一度覗いてみてください。

そしてこのブログをお読みのAndroid携帯をお持ちの方、是非一度ダウンロードして遊んでみてください!
もちろん無料アプリですんで、お金なんかかかりませんとも!

で、もしもなにかご意見などありましたら、コメントしていただけると、うれションしちゃいます!

というわけで、本日はリリースできたうれしさから記事を書いてしまいました。
うつも少しは晴れた感じです。ありがたやありがたや。

では、みなさま、ごきげんよう。
スポンサーサイト
カテゴリ : Android記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年07月25日 (12:44)

障害年金2級までの道程~その二~

京の都は完全に熱帯夜。まだ7月なのに、真夏はどうなるのといった心境です。
クーラーが苦手なので、付けては消しをこまめに繰り返さないと冷えます。冷えると風邪をひくという、日本男児の風上にも置けない軟弱者なんです。

みなさま猛暑のなか如何お過ごしでしょうか。

どうも
睡眠不足気味@うつ病
です。

ブログランキングに参加しています!
是非ワンクリックをお願いしたします!
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking


さて、前回受給資格の話しをさせて頂いた障害年金ですが、今回はぶっちゃけたお金の話、基礎年金と厚生年金、それぞれの年金受給額(大まかでしかないです。)、また手続き上の違いを説明したいと思います。

障害年金受給の申し込みですが、前回も条件一に挙げたように、まず最初に初診日を調べる必要があります。ずっと同じ医者に診てもらっている場合は簡単に調べられますが、そうでない場合は初めてうつの診断をされた病院へ行って、初診日を調べなければなりません。

なぜそんなに初診日が大切かと申しますと、障害年金は初診日に厚生年金に加入していたかどうかによって、受給額から手続きまで違ってくるからです。

簡単に説明しますと、初診日に厚生年金にも加入している場合、障害年金の受給額が高くなります。基礎年金との二階建てになるわけです。さらに基礎年金のみの場合、障害年金三級ではお金が出ませんが、厚生年金の場合、三級でもお金が出ます。
ちょっと書き分けてみますと・・・・・・

初診日に厚生年金加入の場合
障害年金3級 厚生年金月5万円ほど(月の収入などによって変化します。)
障害年金2級 厚生年金月5万円ほど+基礎年金7万ほど(配偶者や子の人数によっても変化します。)

初診日に厚生年金非加入の場合
障害年金3級 なし
障害年金2級 基礎年金7万ほど(配偶者や子の人数によっても変化します。)

というわけで、初診日に厚生年金に加入している場合、だいたい月5万ほど貰える額が変わるわけです。さらに2級よりはるかに認定されやすい3級でももらえます。(基礎年金はもらえないです。)

だからこそ、初診日を調べることが大切なんです。

そして、初診日が分かって自分が確実に厚生年金に加入していたと解っている場合、手続きは社会保険事務所に行くことになります。
逆に確実に厚生年金には加入していないと解っている場合、手続きは市区役所の年金課です。
自分が初診日に厚生年金に加入していたのか、それともしていなかったのか、定かではない場合は二度手間を省くため社会保険事務所に行った方がいいと思います。年金課に行って調べてもらって、「厚生年金ですので社会保険事務所に行ってくれ」と云われるまで時間がかかりますから。
逆に基礎年金のみでも社会保険事務所で処理は行われます。

このように、初診日によって、障害年金の種類、貰える額、手続きする役所の管轄が変わってきますので、障害年金の申し込みにはまず初診日を調べること、これが一番先にすることなのです。

ちなみにわたしはどちらだったか(厚生に入っていたかどうか)不明でしたので、社会保険事務所に行きました。
(ここでもまたうつな話があるのですが、それはまた後日。)
でも残念ながらわたしは初診日には厚生に入っておらず、基礎年金での処理になりました。
2級が出たから良かったものの、やはり厚生年金に加入しておくんだったと非常に後悔したものです。

ブログランキングに参加中です。
上で押してない人も、こちらでポチっとクリックしてやってください、おねがいします!
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

2010年07月23日 (03:52)

Androidフォンがいまいち火を吹かない件

熱暑が続く今日この頃、都の東も灼熱の日々です。
鼻の穴から入る空気が熱いって、どこのサウナですか?

どうも外はもうすぐ明るくなるぜ@うつ病です。

いや、久しぶりのテンプレに自分でも、こんな風に書いていたなぁと思いだしました。

プロレタリアートのみなさまへの言葉は、むしろプレカリアートのみなさまへの言葉に直したほうが良いのかどうか迷っているので、しばらくお休みです。

さて、ブログランキングに参加しています。
何卒、清きワンクリックをお願いいたします。
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking


iPhoneと聞けばほとんどの人が知っています。iPadにいたってもまだ大勢の人が知っているでしょう。ニュースにもなってますしね。
しかし、Androidといっても殆どの人に通用しません。
なにそれ、おいしいの状態です。

わたしとしては、非常に嘆かわしい限りですが、それが現実なんです。

ちなみにAndroidをご存じない方のために説明申し上げますと、AndroidとはGoogleが先頭に立って開発している(現在も日々バージョンアップしている)、スマートフォン用のOSです。
スマートフォンはまぁ、iPhoneみたいな携帯電話だと思ってもらって差し支え無いです。

AndroidはGoogleらしく、完全フリーのOSです。つまりOSの代金はかからないのです。(ソースコードが開示されているだけで、一応著作権はGPLだかなんだかであることはあります。)

WindowsMobileもiPhoneもそれぞれのOS代が機器代の上にのっかって販売されています。
まったく同じ機種で違うOSのスマートフォンを販売することはないので、いまいちその違いが分からないと思いますが、約1万円ほどの違いは有ります。

現在、まともに市場に出回っているAndroidフォンはSoftbankのHTC-DesireとDocomoのXperiaの2機種のみです。あえてAUのメガネケースは外しました。だって全然売れてませんもんね。

DesireにしろXperiaにしろ、その機器の性能はiPhone4やWindowsMobileを積んだ機器より格段に優れています。
CPUからしてすでに1GHzもの処理能力をもつsnapDragonを搭載、desireは有機ELを搭載しています。(そのバージョンは発売停止になるようです)

それだけの機器性能を持ちながらもiPhone4などと同価格帯で得られるのは、OSの代金がかかっていないからなんです。

AndroidはGoogleのみで開発しているわけではありません。ベースはLinuxですし、その上のDVMもJavaVMに近い汎用性を持っており、世界中の技術者がさまざまな技術を提供しあって発展してきた、Linuxの血を受け継いでいるものだと思っています。

最近ではようやくLinuxもUbuntu10.0.4が出るにいたって、知名度も上がってきたように思えますが、やはりWindowsなどに比べて知られていません。

わたしはAndroidの将来性はほかのスマートフォンOSなどの比にならないと考えています。
そのAndroidも、売れなきゃ当然廃れてしまいます。
企業主義的なiPhoneやWindowsよりも自由主義的なAndroidを好むのはわたしの指向でしょうが、しかしながら、最終的に消費者に対して優しいのは、Androidであるというのもすでに見えていることです。

まあ、この日記で何を伝えたかったかといえば、日本でのAndroidフォンの普及率の低さに嘆くあまり、つい、みんなAndroidフォンいいぜ! 携帯変えるなら、Androidがおすすめだぜ!
と云いたくなった次第です。

別段iPhoneをけなしてはいないので、マカーのみなさんからの苦情コメントは勘弁してください。


上でまだクリックしていないあなた!
お願いします、わたしに清きワンクリックを!
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
カテゴリ : Android記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年07月20日 (08:38)

理知の光と狂気の陰と

雨が上がったと思ったら、一気に夏到来ですね。
全国各地でいきなり猛暑に入りましたが、みなさん如何お過ごしでしょうか。

はるすぎてなつきにけらししろたえの……なんて悠長なこと云ってる場合じゃないほど、京の都は蒸し暑くて不快指数MAXです。

この暑い中でもクリックをお願いします!
みなさんのご協力が必要なんです!
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking


光あるところに陰は射し、光なきところには陰は陰となりえず、ただぬばたまの闇が広がるのみです。

理性は光かと云われれば、そのテーゼには答えられませんが、理性なくば狂気は定義できないとは云えましょう。
故に、理性の光と狂気の陰は表裏をなしていると見做します。

さて、わたしはマツクリ(主治医)によく「そんなに自分のことを解っているなら、大丈夫なんじゃないの?」的なことを云われます。
自分がどう感じて、何に苦しみ、どう解決したいのか、考えてしまうからです。

精神が病んでいる状態でそのような分析を行う人が少ないのでしょうか、分析できるなら病んでいない的な見方をされるようです。

しかしながら、それは間違っていると云わざるを得ないです。

冒頭にも申し上げたように、理知と狂気は表裏の存在です。精神を病んで狂気の弊害に苦しめられているからといって、理知を失っているわけではないのです。ただ多くの人が、その苦しみによって理知を忘れているに過ぎない。

理知を失わない、もしくは失えない人はどうしても考えてしまう。
なぜ自分はこんなに苦しいのか、何が原因なのか、どう解決していきたいのだろうか。
どうしようもなく救いようのない未来の悪循環を脳内で繰り返すうつ状態から、しばし抜け出たときにも脳はいつまでも考えることを止めようとしないのです。

止められない思考の洪水によって、自らを分析しているにすぎず、理知は理知でも狂気の入り交じった理知でしかないその思慮は、正しいのか狂っているのか、もはや自分では判別できない。
だからこそ医者にその旨を告げるのですが……。

理知を保ったままで狂っていく姿を描いた作品に、『歯車』という有名なものが有ります。
これは誰でも知っているでしょうが、狂人になる一歩手前で自ら命を絶った、芥川龍之介氏の作品です。

このブログを読んでいるということは、多少なりともうつに関わりがあったり、もしくは自らうつで苦しんでいる人でしょうから、『歯車』の購読はおすすめしません。
なぜなら、彼の末期の作品群、『歯車』、『河童』、『或阿呆の一生』などは、うつ病患者、精神病患者にとって、あまりに生々しすぎて、より一層症状が悪化するおそれがあるからです。

芥川氏は作品のなかで、自らの視界の中に半透明の歯車を見ます。
当然幻覚です。
彼はもはや狂ってしまっていたのです。

しかしながら、その描写や文章には些かながらも支離滅裂としたところはありません。むしろ理知の光で溢れかえっているほど鬼気迫るものがあります。

彼は狂いながらも、その狂っていく過程を自ら活写したのです。

別段、芥川氏ほどの天才と同類だと云いたいわけではありません。

ただ、世の中には、狂気の中にも、自らの狂気を察知し、理解して、自らおののくような、そんな人間もいるのだということを、世の人々、とくに精神科医に対して伝えたいだけです。

今度マツクリにいったら、「『歯車』をお読みになったことはありますか?」と尋ねてみようかしら。


ブログランキングに参加しています!
なにとぞ貴重なクリックをお願いいたします!
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
カテゴリ : 記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年07月17日 (01:31)

障害年金2級までの道程~その一~

障害年金2級認定とブログ名を変えておきながら、まだ一度も障害年金の話をしていないことに自ら愕然とし、こりゃいかんということで筆を執りました。

とりあえずみなさま、ブログランキングのクリックをお願いします!
できれば両方共クリックしていただけると大喜びします☆
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking


さて、わたしが障害年金の存在を知ったのは、かれこれ半年ほど前のことです。
きっかけは完全に忘れました。何を見て、何を聞いて、障害年金などという言葉を知ったのか、全く以て覚えておりません。けれど、おそらくネットからの情報でしょう。なぜなら、わたしの周りにはそんな言葉に縁のある人が皆無だからです。

とにかく障害年金というものがあって、うつ病でも申請が通れば年金を受給できるようになると知ったわたしは、障害年金の申請条件、手続きをググりまくりました。
まさにググり申し上げた状態で必死に情報を集めようとしました。

しかしこれ、なかなか一つのサイトに完全にまとまった情報があるわけではなかったのですね。調べ方が悪かったのか。
あるサイトではその条件に対して重点を置いて説明するので、手続自体がちょっと説明不足、あるサイトでは概要だけ述べるので、条件や手続きがいまいちわからない、といった、情報の拡散状態でして、調べながらも頭がイミフになっていきました。

とくに大変なのは、どうも間違った情報、もしくは特殊な条件の場合のみ当てはまる情報が氾濫していることでして、それを鵜呑みにしてしまうと、どうにも他の情報と整合性がとれないことになってしまい、頭がパーンになることでした。
(公的なサイトを見ればすぐ分かることですが、公的サイトはやたら難しい言い回しや特別例を並べまくるので、余計にわけが分からなくなります。)

そしてなんとかかんとか、まず自分が障害年金を申請できるのかどうかの条件をしっかり理解し、その条件にあっていることを確認しました。

条件は大まかに3つあります。

1つ目は初診日が国民年金加入期間中であること。
(厚生年金の場合は障害基礎年金じゃなくて障害厚生年金というさらに手厚い制度になっています。)

2つ目は一定期間以上、国民年金を収めていること。
これはかなりゆるいので、今まで払ったことがないという猛者以外はたいていクリアできます。
かく云うわたしもほとんど払っていない派でしたので、よくもまあ通ったものだと思えるほどです。

3つ目は初診日から1年半以上経過していること。
これは初診日から1年半以上の通院があることと思っていただいて問題ないです。通院はひとつの病院に限らず、転院しても継続的に受診している状態であれば大丈夫だと思います。

以上の条件を満たしている場合、障害基礎年金、いわゆる障害年金の受給資格があり、申請さえ通れば年金受給が始まります。

しかし、一番難しいのが、その申請の審査を通るという点なんですけどね。

今日のところは受給資格、つまり申請するための条件をまとめてみました。
次は必要な書類、診断書などをまとめてみたいと思います。

なにぶん半年も前の話なので、間違っている点や抜けている点などあるかもしれません、その場合はご指摘頂ければ幸いです。

それでは、このへんで。

上でまだの方、ランキングクリックしてくださると非常にありがたいです。
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

2010年07月13日 (11:26)

主治医との相性がアレなほど悪い件

今の医者にかかって、8月で早4年になります。
つまり、うつになってからもう4年たったんですね、早いものです。
いつの間にか統失の薬までもらっちゃう具合に成長しました。
もう立派なキ印です。

さて、ランキングがいい感じに上がってまいりました。
もうみなさまのおかげとしかいいようがない!
何卒みなさまさらなる応援を☆
ポチポチッとクリックしてくださいね。
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking


さて、タイトルにあるように、4年も通っといてなんですが、もうはじめの頃から主治医との相性は悪いです。
なんといいますか、柔軟性がなく、ユーモアもなく、淡々と仕事をこなしている感満載なんですね。
で、応用性といいましょうか、そういうのもなく、決まりきったことしかいわない。
そういう人が友だちならまだしも、主治医ですから、ハッキリ云って疲れます。

まず最初から向こうから話をしない人でしたね、彼は。
昔の日記にも書いてるんですが、常に半泣きで、云うことは、
「どうですか?」
「眠れてますか?」
「食欲はありますか?」
この3つだけ。

ですから、早い時は1分で診察終了です。もう流れ作業です。山崎パン工場です。おれはピクルスじゃねぇと叫びながら走りだした15の夜です。

さらに、かれ、こちらが話をすると基本的に否定してきます。
なんというか、いわゆる現代カウンセリングに必須と言われる共感的理解は全く以てありません。
「体がだるくて布団から出ようにも出られないんです」
「それは気の問題じゃないの?」
はい、気の問題です、だからあんたんとこ来てるんでしょ? ご自分のご職業理解してますか? と問い詰めたい(ry

わたし現在おしっこが出にくいので泌尿器科にも掛かっているのですが、そこの先生に原因はパキシル、ハルシオン、デパスにあると云われまして、そのことを主治医に伝えたのです。
「そんなことはないと思いますよ」
と一発目にきました。で、続けて
「もう何年も飲んでいるのに、その症状は最近になって出てきたんでしょ、おかしいですよね」
というトンデモ理論を展開してくるんです。

もうね、一度あなたこそ精神科にかかったほうが良いのでは? と思わざるを得ないです。

何年も飲んでいるから、今まで異常が無いから大丈夫、そんな理論が通るわけがないんです。なぜなら人の体質は何年も不変であることはありません。とくにうつ病のきつい薬を長期にわたって飲んでいるのですから、蓄積するものもあります。
さらに、たしかにパキシル、ハルシオン、デパスはずっと飲んでいます。しかし、他の薬は最近でもエビリファイが新しく出るなど、色々変わっているんです。
つまり、飲み合わせの問題と体質の問題が複雑に交錯するはずなんです。
そして、とどめに、膀胱などの泌尿器のことは泌尿器科の先生が専門で、マツクリ(主治医をそう呼んでいます)は門外漢です。
それをして、一言目に「そんなことはない」ときたわけです。

もうね、駄目だこいつ早く何とかしないとと、本気で思いました。

何と云いましょうか、完全に愚痴日記になってしまって申し訳ない。
ただ、云いたいことは、自分と合わない医者が主治医の場合、我慢せずさっさと変える方が絶対にいいと云いたかったのです。
病院に行くことがストレスになるなんて莫迦らしいにも程がありますからね。

自分の主治医にストレスを感じているみなさん、我慢しても無駄です、さっさと医者を見限りましょう。大事なことなので二回言いました。

下にもランキングを載せておきますので、まだクリックしていない方はクリックをば!
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
カテゴリ : 記事のURL コメント (8) トラックバック (0)

2010年07月11日 (09:08)

自立支援医療制度についての補足

昨日書きました自立支援医療制度ですが、書き抜けといいますか、補足があります。

これは地方自治体によって変わるかもしれませんので、わたしのすむ京都での話ですから、そこは各自治体で聞いたほうがいいと思います。

何の話かと申しますと、自立支援医療制度によって1割負担にできる病院は1件と決まっています。
これは心療内科、精神科ならどこの病院でもいいわけではないことを表しています。

つまり、いま受診している病院に対しての1割負担ということになるのです。

ただし薬局については3件まで登録しておくことができます。その為、場所や薬局の人との相性などでコロコロ変えることができます。

なぜこの追記をしたかといいますと、これ一度病院を決めてしまうと、変更手続きなるものをしなければ、他の病院にはいけません。

たとえばわたしなどは今行っているクリニックの医者とは決定的に相性が悪いと感じています。ですので、彼と話しをしにいくだけでストレスになっています。ばかみたいな話です。が、そういう医者もいるんです。

さて、ではじゃあさっさと合う医者を探して病院を変えればいいという話になりますが、これはまた大変面倒で、変更手続きをまず役所にしに行って、さらにその変更の適用は例によって2~3ヶ月後です。
その間、もちろん負担額は1割で別に増えるわけではないのですが、例えば探し歩くとなったときに、非常に面倒な手続きをなんどもしなければならないという面倒臭さが全面に押し出されます。

ですので、この制度を利用すると決めた場合、まずはどの医者に掛かるのか、その医者でいいのか、下手したら長引く可能性のある病気なだけに、慎重に考えてからの方が良いと思います。

蛇足だったら失礼しました。
わたし自身がまさに今現在それでごたごたしているところなので、これは書いておかなければと思い筆を執った次第です。

ちなみに、京都府下(京都市以外)は障害手帳2級取得で医療費はタダ、0割負担です。それがなぜか京都市は自立支援医療制度を使うという名目で、只にはならず、2級手帳を持っていても、1割は負担しなければなりません。

ですから、ケチ臭い京都市とは違う市町村ならば、もしかしたら複数の病院の登録を認めてくれるかもしれません。
その辺りは役所に申請に行く時、もしくは電話ででも聞いてみれば良いと思います。

ブログランキングに参加しています。
みなさまのおかげで順調に順位をのばしています。是非クリックを!
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

2010年07月09日 (00:47)

使ってますか? 自立支援医療制度

長い梅雨の合間の晴れ間ですが、京の都は蒸し暑くていけません。

汗が右半身だけ流れるのは自律神経系がいかれてるんでしょうか、非常に不快です。

ランキングに協力して頂けると不快さも吹っ飛びます!
いざ、クリックを!
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking


さて、今回の話題ですが、ご存じの方はとっくにご存知でしょう。
自立支援医療制度のお話です。

これぶっちゃけ何かと申しますと、うつ病などの病気で心療内科などの医者に掛かっている場合、申し込みをして診断書を提出、審査を通ると、健康保険の医療費3割負担が1割負担ですむという、非常に助かる制度なのです。

3割が1割、これは非常に大きいです。

一般的な心療内科での受診料は1500円ほどです。3割負担で1500円ですから、10割だと5000円なんですね、あんな3分クッキングみたいな診療で5000円とは、そりゃ医者は儲かってたまりませんわな。
と、話を戻して、5000円の1割は500円です。この時点で1000円助かります。

でも、我々うつ病もちが最もお金がかかるのは診療じゃないですよね、そうです、薬代です。
これは人それぞれでしょうが、こちらも3割負担が1割負担になります。
これは薬を多く貰っていれば貰っているほど、ものすごい減額になるのです。
わたしの場合、ひと月で2500円くらい払っているので(1割負担で)、おそらく3割負担だと、7500円が薬代に持って行かれる計算です。

さらに、月上限額が定められており、おおよそ5000円~10000円までです。(本当は2500円から20000円なのですが、上下は特殊なので一般的な5000~10000円で話を進めます)
これは診療費+薬代での上限なので、大量の薬をもらって、月に4回診療を受けても、5000円が上限なら5000円を超えることはないです。

この制度、うつ病患者には間違いなく助かる制度なんですが、医院や病院によっては教えてくれません。
現にわたしがそうでした。

わたしの通ってるクリニックではうつ病と診断が出た後でもこの制度の話はなく、自分で調べてクリニック側に申し込みしたいと云って初めて話が通ったのです。
ですから、もしかしたらうつ病で通院していて、この制度を知らない人もいるかもしれないと思い、筆を執りました。

このブログは障害年金2級取得までのお話をメインに書いていくつもりですが、それ以前にうつ病と闘う同志が少しでも助かる情報はどんどん流していくつもりです。

特にこの自立支援医療制度は現状の医療費負担がかなり楽になるので、まだ活用していない人は、是非、クリニックなり、病院なりの受付に行って、「自立支援医療制度を適用して欲しいんですけど」と云ってください。

うつ病の診断が下っている場合、審査はまず通りますので、制度を受けることが出来ます。ただし医師の診断書がいるので、初回のみ3000~4000円(これも病院によって違う)くらいかかります。
それと承認されるまでに2~3か月かかります。ほんとお役所仕事です。冗談じゃないです。でもこればっかりは仕方ないので我慢です。

病院によっては自分で市町村の窓口に診断書を持っていって手続きをしろと云われるかもしれませんが、診断書さえもって窓口に向かえば、めちゃくちゃ丁寧に教えてくれます。しかも書くところは自分の名前と住所くらいなので、人と話がしにくいという人でもいけますし、ご家族の方でも分かると思います。

長々となってしまいましたが、うつ病でまだこの制度を活用していない人、本当に是非一度申し込んでみてください、必ず助かると思います。

それでは今日のところはこの辺で。

ブログランキングこちらでもクリックして頂けます!
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

2010年07月07日 (01:16)

エビリファイでエビぞっちゃった、てへ☆

最近、処方された薬でエビリファイというやつがあります。
処方されるとき、わたしは強度の被害妄想に悩まされて、主治医に色々説明しました。

「電車の中でちらっと目があっただけのおっさんが襲いかかってくるんじゃないかと不安になる」
「社会全体がわたしを敵視していると確信してしまって、恐怖を感じる」
「話をするすべての人から敵意を感じる」

と今思えば、なんとも電波な発言の数々ですが、当時は本当にこれら(他にも色々ありました)を強く感じていて、外に出るだけで極度の緊張状態に陥り、被害妄想が炸裂すると、恐怖まで感じてしまっている始末になっていたんです。

で、その被害妄想を何とかしてくれと頼んだときに出た薬がエビリファイだったんですね。

主治医曰く、パキシルとの相性も良く、被害妄想もなくなるだろうと。

わたしは喜びました。そんな素敵な薬があるんだったら、もっと早く相談すりゃよかったと思ったくらいです。

しかし、わたくし大きな勘違いをしておりました。
このエビリファイ、毎朝1錠服用するようにと処方されたのですが、所謂デパスなどと同じ抗不安薬の一種だと思い込んでおりまして、勝手に2錠くらい飲んで過ごしていました。

変化は2日ほどですぐに現れました。たしかに被害妄想が吹き飛んで、全然恐怖を感じなくなっていました。が、なんと精神的にはかなり元気になったのに、肉体的に足元がふらふらするんですね。
足腰に力が入らないと云いましょうか、とにかく立っているのが辛い。しかし、かと入って座って居ても辛い、じゃあってんで、横になってみても辛い。
立とうが座ろうが横になろうが、ずっと足腰の重い感覚と云いましょうか、体全体のだるい感覚が抜けず、何も出来ない、のたうち回るか、薬のんで無理やり眠るかしかない、まさに阿鼻叫喚の地獄絵図。

もしやグラビトンが一気にわたしの足腰に纏わりついて、わたしの足だけ重力場崩壊が起こりそうなくらいの重力がかかっているのかとも考えたのですが、まあ、それはない。
じゃあ原因はお薬じゃないかと、こう思ったわけです。

行きましたよ、医者に、足腰立たないんですけどぉって、予約外にも関わらず。
そしたら怒られた怒られた。半泣きで怒るから怖い怖い。
「この薬は抗不安薬なんかじゃないんです。処方したとおりに飲まないと、そりゃ足腰も立たなくなります。」
なんと、ここでわたしは自分の勘違いに気付いたわけです。
彼曰く、結構強い薬らしく、副作用も激しいので、デパスみたいな飲み方をしちゃ、そうなって当たり前ということでした。

さて、これからはきちんと処方された通りに飲もうと心に誓ったわたくしですが、気になって家でお薬110番で調べてみました、エビリファイ。

あらら、なんと、これ統合失調症にも使われる薬なんですね。やあ、びっくりです。

そうか、あの被害妄想の進行は実は統失に近いものだったんだ、と気づいて、まさか自分が統失になるとは思いもよりませんでしたから、「林先生よんできてッ!」と叫びたくなる始末。

しかし、よくよく考えると、自分も統失なんだから人の事はいえませんが、統失の人はひどくなると入院します、でも入院したところで、ものすごい被害妄想なんかを抱えたまま、病院内をふらふらうろうろされちゃだれだって困りますよね。
で、エビリファイを多く服用すると被害妄想はなくなる代わりに、足腰が立たなくなって、横になっても苦しいから眠剤で眠ると。
こりゃ、統失患者の封じ込めにも使える薬なんだなぁと、しみじみ感じ入った次第でした。

なんといいますか、もしやわたし悪化してます?

嗚呼、なんてこったいと独り呟く夜更けでした。

ブログランキングに登録しています。ポチっとクリックして協力してやってください。
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

カテゴリ : 記事のURL コメント (7) トラックバック (0)

2010年07月06日 (00:58)

武士とDroidで武士Droid、うん簡潔!

日記を書くことにも慣れ始め、ちょいちょい書くネタにも気づき始めた今日この頃です。
なんでもいいから書こうと思うと結構書けないよね、ネタなんて一歩も家でなくてもそこいら中に転がっているのに、見えていて見えていない。でも時間は進んで世の中は変化しているんですよね。

全速力で世の中が通りすぎていくわたしです。おいてけぼりはもう勘弁。
みなさ~ん、元気ですかぁ~♪
さっそくポチっとクリックしてみよぉ~☆(ただのブログランキングサイトですので御心配無用です、あしからず。)
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

さて、今日は久しぶりに新しいカテゴリを作っちまいました。
「Android」
こう書かれてあの緑のロボット、Droidくんが思い浮かんだ人、正解です。なかなかの通ですな。
読めなかった人、ありがとうございます、ここで覚えてください、アンドロイドです。

巷ではiPhone4が叩かれながらも大人気の中、XperiaやDesireで少しは認知度を上げたものの、なかなか知られていないあのAndroidOSを組み込んだ、Androidフォンのお話です。

いやあ、実はみなさん御存知の通り、わたくし無職です。
ええ、無職刀銘和泉守兼定ですとも。
そんなムショカーなわたしですが、実はこの度、Androidアプリを開発するチームを某友人M氏と組みまして、その名も「武士Droid」と申します。Team武士Droidですな。
以後、御見知置程何卒御願申上候。

その武士Droidの一隊士として、こんなWebサイトとか作ってたりしています。
logo4.png
武士Droid
隊則が厳しくてめそめそする毎日でもあります。

で、この度実は、武士Droid初のAndroidアプリが完成し、恙無く(本当は数騒動あった)Android MarketというAndroidアプリを配布できるgoogle先生のサイトへ登録が完了しました。

アプリの名前は「EarthDarts」といいます。
簡単に云えば、地図上のある地点を的に見立てたダーツゲームです。的の近くまで行ったときにShutします。すると得点が入り、その得点を皆で競うというわけです。
的は日本中に現在99個あり、大都市圏に多く固まっているため、まだ多くの人が楽しめる状態ではないのですが、近いうちにもっと増やす予定です。

4月28日に発売されたHTCDesire(ソフトバンク)を手に入れて、Androidの世界観にひたり、「こりゃ大変なものが世に出たな」と感じ入る次第、「こうしちゃいられん」と(似非)エンジニアの血が騒ぎ、事ここに至った始末!

Androidはすごいです、iPhoneは悪くないですが、あれはあくまでファッションです。最先端テクノロジーの粋を集めるのはAndroidです。
だからこそ、アーリーアダプター以外にはなかなか受け入れられないでしょう、しかし、その可能性たるや本気で世界が変わるものに満ちているのです。

わたしはしがないうつ病持ちの三十路男ですが、そのような最先端の世界が大好きです。
好きこそものの上手なれではないですが、Team武士Droidにてその好きな気持ちを思う存分発揮したいなと思っている次第です。

もしみなさまもAndroidフォンをお持ちならば、一度遊んでみてやってください。
的(地点)の追加要望にも武士Droidサイトのフォーラムにて受け付けていますので、どんとこいです。

ランキングにご協力をば御願奉候。
ポチっとクリックしてやってください。
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
カテゴリ : Android記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年07月05日 (02:13)

タイトルも変えたことだし、今夜はいっちょやってみっか!

てなわけで、タイトルが変わりました。
その名もズバリ『障害年金2級認定されちゃったんだけど』です。
柴田警部補の口調でお願いします。

お名前変えた記念にランキングに協力してくださると嬉しいな。
それぞれクリックしてみてください。
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking


タイトルの件ですが、これ、本当のお話しでして、わたしは現在障害年金2級を給付される、れっきとした国公認の障害者(精神障害者)ということになりました。

まあ、もはや精神に障害をきたしているのは明らかでしたので、今更国家公認を得たところで、何も心境的には変わるところがないというのがぶっちゃけたところですが、国家公認の障害者は障害年金をもらえるという点のみ、非常に助かっています。

このブログ、実はmixiにも連動しておりまして、そちらの方では精神障害系やうつ病のコミュに多く参加させてもらってます。

わたしはこのブログをとくにうつ病で長年苦しんでらっしゃる方に是非見ていただきたい。
あなたの苦しみは完全に無駄とは云いがたいと慰めることが出来るかもしれないからです。

障害年金なんて、うつ病でもらえるわけがない、そもそもうつ病という病から障害年金を連想するのは難しいでしょう、しかし、長年にわたりうつ病を患うということはれっきとした精神の障害であり、それは障害年金の要件を満たすことになるのです。

実際にわたしがそうでした、障害年金など意味すら知らなかったのです。
それがうつ病でも申請が可能であること、どのような条件ならば申請が通るのか、などなど、さまざまなことを調べるうちに、意外と知られていないこの制度、実は多くのうつ病患者を救うものになるんじゃないかと思ったのです。

だって、うつ病で仕事ができなくなって、まず困るのはお金ですからね。
お金の心配をせず、うつの治療に専念できる人は幸いです。しかし、おそらくは多くの人がお金の心配から、うつを押し切って仕事をしている状態じゃないでしょうか
わたしもそうだったので、その気持ちは非常に理解でき、どれだけ苦しいことかも分かるつもりです。

これから、ちょくちょく日記を更新していきます。
中には関係の無い話を交えることもありますが、このいかにしてうつ病患者が障害年金2級の認定をもらったのか、その条件や方法など、わたしが経験したさまざまなことを書いていきたい所存であります。

そして、もしわたしのブログを見て、救われるうつ病の患者さんが一人でも現れるなら、これはわたしとしてまた、幸いなことだと思います。

これから頑張っていきますので、よろしければ、応援お願いします。

冒頭にもありますが、ランキングに協力して頂けると、読む方が一人でも多くなり、非常にありがたいです。
1クリックずつ、お願いします。
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking


カテゴリ : 記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年07月01日 (22:38)

反論の反論で正論に反論して世の中イミフ

かなり久々の日記である。
ふと見返すと、最後に付けたのはなんと去年の12月、実に半年以上日記を書いていなかったことになる。

それだけ鬱々とした日々を過ごしていたということなのだろうか、日記程度の文章を書くほども心の余裕がなかったと云える。

しかし、ここに復活である。もちろんわたしのことだから、この日記の次の日記が半年後になる可能性だって大いに有りうる。なにせグウタラが服を着て闊歩しているようなものだから。

あまりに久しぶりなので自分の元々の文体を忘れた、決まりごとのような書き方も忘れた。しかしそれでも別に構わないじゃないか、日記など自由気ままに気の向いたときに書けばよいのだ。

この半年実に色々様々なことがあったが、なんとか生き延びて今に至る。生きていたのだから、まあ問題なかったということで。生きているだけで丸儲け? そんなバカな話があるか、生きているだけで大損だ。

とまあ、いきなり人生観を披露するのもなんなので、ここは最近読んだ面白い本などを紹介したいと思う。



『反論の技術―その意義と訓練方法』香西 秀信 (著)

この本は所謂普通のハウツー本とはひと味も二味も違う、すばらしく論理が通った本である。
タイトルにあるように、議論の上での”反論”の意義をまず探りだし、そしてそこからその方法、活用、訓練、技術などを丁寧にかつ分かりやすく説いている。

著者自身が大学の教員らしく、実際に生徒を使って、云い様は悪いが実験を行った結果なども豊富に記載されており、実地の教育現場から現代の所謂論理的思考教育に鋭く批判を加えながら、独自の観点から”反論”している点、とにかく読み物としても面白い逸品である。

この本の中で一番印象に残っているのが、議論に於いてはその緒論(議論の議題や言い出しの議論)においてすでに反論なのであるという指摘である。
これはどいうことかと云えば、結局議論として成り立つには、そのそもそもの論が現在の状況において、もしくは時勢、モラル、社会的規制、観点などに対する反論であり、もし誰もがすでに”そうである”と認識していることについて議論を始めるならば、それは只の阿呆であり、「そんなこと云われなくても誰でも知っているよ」という話になる。
つまりすべての議論は何かしらについての反論若しくは反論的要素を持っている。ということである。

これには衝撃を受けつつも深く納得させられた。

今はやりの論理的思考というものに多少の懐疑を持っている人、論理的思考は苦手だという人、ナニソレ美味しいの? という人、そう云う人にお勧めである。





ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
カテゴリ : 文学記事のURL コメント (0) トラックバック (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。