--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年08月20日 (18:45)

障害年金2級までの道程~その三~

猛暑が続きますが、なかには熱中症などになってしまわれる方もいるのではないかと心配しております。
とくにこの暑さの中スーツをまとうサラリーマンの戦士諸君は、水分補給と直射日光に気をつけてください。

先日の借金犬、プロミスでもアコムでも武富士でもなく、アイフルでした。
たしかに、「どうする~アイフル~♪」という巫山戯た曲が流れてました。

どうもプレカリアートですらない@うつ病です。

ブログランキングに参加しています。協力していただける方は、下記のリンクをポチっとクリックしてやってください。ゆっちが喜びます。
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking


さて、話が飛びまくってるので、前回の話をわたし自身がよく憶えておらず、以前の記事を読み返したという事態に陥っておりますが、障害年金請求の手続の件です。

今回は前回調べた初診日を元に市役所の年金窓口もしくは社会保険事務所に行くところからお話を始めます。

基本的に市役所にしろ社会保険事務所にしろもらう書類や聞く説明は同じです。
「障害年金の請求手続きに来ました」と声をかけると、初診日を聞かれますので、それに答えると、殆ど勝手に向こうが書類等を用意して持ってきます。

ちなみに年金手帳と印鑑は持っていったほうがいいと思います。そのあたりの細かいところは、一度役所なり社会保険事務所なりに電話をして問い合わせたほうがいいでしょう。

書類は重要なものが四枚渡されます。おそらくその場で説明されると思いますが、診断書が二枚と申立書が一枚、請求書が一枚です。

診断書は一枚は初診日の時の様子、状態などを書くためのもの、もう一枚は初診日から一年半経過した時の症状を書くためのものです。
なぜ一年半かと申しますと、前々回で述べたように、受給資格のうち、初診から一年半経過しているというのがありましたように、一年半の時点の症状を受給判断の基準にするようです。

この二枚はかかりつけの医者に提出して書いてもらうことになります。その際、診断書料が一枚につき四千円程度かかります。二枚で八千円、なかなか痛いです。医者によって値段が多少前後するそうなので、一万円くらいは覚悟しておいたほうがいいでしょう。

ここで問題になるのは、初診の時の医者と一年半経過したときに診てもらっている医者が違う場合です。
この場合、初診した医者の診断書が必要になりますので、わざわざその時に行った病院などに行く必要があります。もしも引越しなどで遠隔地にいる場合は、役所なりで相談してください。おそらく郵送という手段になるはずです。

そして、もう一つ重要な申立書があります。正式には病歴・就労状況等申立書と云います。こちらは現在の自分の置かれている状況、病状や就労状況などを自分で書きます。

請求書に関しては普通の事務書類で、名前と住所などを書いて印鑑を押すだけのものです。こちらも自分で書きます。

長くなったので今回はここまでにします。
次回はそれぞれ診断書を出すときの注意や申立書の書き方などを書きたいと思います。

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると喜びます。
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。