--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年07月01日 (22:38)

反論の反論で正論に反論して世の中イミフ

かなり久々の日記である。
ふと見返すと、最後に付けたのはなんと去年の12月、実に半年以上日記を書いていなかったことになる。

それだけ鬱々とした日々を過ごしていたということなのだろうか、日記程度の文章を書くほども心の余裕がなかったと云える。

しかし、ここに復活である。もちろんわたしのことだから、この日記の次の日記が半年後になる可能性だって大いに有りうる。なにせグウタラが服を着て闊歩しているようなものだから。

あまりに久しぶりなので自分の元々の文体を忘れた、決まりごとのような書き方も忘れた。しかしそれでも別に構わないじゃないか、日記など自由気ままに気の向いたときに書けばよいのだ。

この半年実に色々様々なことがあったが、なんとか生き延びて今に至る。生きていたのだから、まあ問題なかったということで。生きているだけで丸儲け? そんなバカな話があるか、生きているだけで大損だ。

とまあ、いきなり人生観を披露するのもなんなので、ここは最近読んだ面白い本などを紹介したいと思う。



『反論の技術―その意義と訓練方法』香西 秀信 (著)

この本は所謂普通のハウツー本とはひと味も二味も違う、すばらしく論理が通った本である。
タイトルにあるように、議論の上での”反論”の意義をまず探りだし、そしてそこからその方法、活用、訓練、技術などを丁寧にかつ分かりやすく説いている。

著者自身が大学の教員らしく、実際に生徒を使って、云い様は悪いが実験を行った結果なども豊富に記載されており、実地の教育現場から現代の所謂論理的思考教育に鋭く批判を加えながら、独自の観点から”反論”している点、とにかく読み物としても面白い逸品である。

この本の中で一番印象に残っているのが、議論に於いてはその緒論(議論の議題や言い出しの議論)においてすでに反論なのであるという指摘である。
これはどいうことかと云えば、結局議論として成り立つには、そのそもそもの論が現在の状況において、もしくは時勢、モラル、社会的規制、観点などに対する反論であり、もし誰もがすでに”そうである”と認識していることについて議論を始めるならば、それは只の阿呆であり、「そんなこと云われなくても誰でも知っているよ」という話になる。
つまりすべての議論は何かしらについての反論若しくは反論的要素を持っている。ということである。

これには衝撃を受けつつも深く納得させられた。

今はやりの論理的思考というものに多少の懐疑を持っている人、論理的思考は苦手だという人、ナニソレ美味しいの? という人、そう云う人にお勧めである。





ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
カテゴリ : 文学記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mechanicalwatch.blog4.fc2.com/tb.php/135-e844cdf2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。