--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年07月23日 (03:52)

Androidフォンがいまいち火を吹かない件

熱暑が続く今日この頃、都の東も灼熱の日々です。
鼻の穴から入る空気が熱いって、どこのサウナですか?

どうも外はもうすぐ明るくなるぜ@うつ病です。

いや、久しぶりのテンプレに自分でも、こんな風に書いていたなぁと思いだしました。

プロレタリアートのみなさまへの言葉は、むしろプレカリアートのみなさまへの言葉に直したほうが良いのかどうか迷っているので、しばらくお休みです。

さて、ブログランキングに参加しています。
何卒、清きワンクリックをお願いいたします。
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking


iPhoneと聞けばほとんどの人が知っています。iPadにいたってもまだ大勢の人が知っているでしょう。ニュースにもなってますしね。
しかし、Androidといっても殆どの人に通用しません。
なにそれ、おいしいの状態です。

わたしとしては、非常に嘆かわしい限りですが、それが現実なんです。

ちなみにAndroidをご存じない方のために説明申し上げますと、AndroidとはGoogleが先頭に立って開発している(現在も日々バージョンアップしている)、スマートフォン用のOSです。
スマートフォンはまぁ、iPhoneみたいな携帯電話だと思ってもらって差し支え無いです。

AndroidはGoogleらしく、完全フリーのOSです。つまりOSの代金はかからないのです。(ソースコードが開示されているだけで、一応著作権はGPLだかなんだかであることはあります。)

WindowsMobileもiPhoneもそれぞれのOS代が機器代の上にのっかって販売されています。
まったく同じ機種で違うOSのスマートフォンを販売することはないので、いまいちその違いが分からないと思いますが、約1万円ほどの違いは有ります。

現在、まともに市場に出回っているAndroidフォンはSoftbankのHTC-DesireとDocomoのXperiaの2機種のみです。あえてAUのメガネケースは外しました。だって全然売れてませんもんね。

DesireにしろXperiaにしろ、その機器の性能はiPhone4やWindowsMobileを積んだ機器より格段に優れています。
CPUからしてすでに1GHzもの処理能力をもつsnapDragonを搭載、desireは有機ELを搭載しています。(そのバージョンは発売停止になるようです)

それだけの機器性能を持ちながらもiPhone4などと同価格帯で得られるのは、OSの代金がかかっていないからなんです。

AndroidはGoogleのみで開発しているわけではありません。ベースはLinuxですし、その上のDVMもJavaVMに近い汎用性を持っており、世界中の技術者がさまざまな技術を提供しあって発展してきた、Linuxの血を受け継いでいるものだと思っています。

最近ではようやくLinuxもUbuntu10.0.4が出るにいたって、知名度も上がってきたように思えますが、やはりWindowsなどに比べて知られていません。

わたしはAndroidの将来性はほかのスマートフォンOSなどの比にならないと考えています。
そのAndroidも、売れなきゃ当然廃れてしまいます。
企業主義的なiPhoneやWindowsよりも自由主義的なAndroidを好むのはわたしの指向でしょうが、しかしながら、最終的に消費者に対して優しいのは、Androidであるというのもすでに見えていることです。

まあ、この日記で何を伝えたかったかといえば、日本でのAndroidフォンの普及率の低さに嘆くあまり、つい、みんなAndroidフォンいいぜ! 携帯変えるなら、Androidがおすすめだぜ!
と云いたくなった次第です。

別段iPhoneをけなしてはいないので、マカーのみなさんからの苦情コメントは勘弁してください。


上でまだクリックしていないあなた!
お願いします、わたしに清きワンクリックを!
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
カテゴリ : Android記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mechanicalwatch.blog4.fc2.com/tb.php/145-ce1fec7a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。