--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年02月11日 (23:08)

うつ病患者への接し方

先日の寒さから一転、西日本では暖かな日になったようで

わたくしの住む京の都も小春日和で御座いました

よちよち散歩になど出かけてみたりして、お日さまを存分に浴びた次第で御座います

どうも、

無職うつ病

で御座います

本日は、うつ病患者への接し方といいましょうか、うつ病を患う人間にとって、どのように扱われることが嫌で、どう接せられることが好ましいのか、うつ病であるわたくし自身の独断と偏見のみで語らせていただこうかと存じ上げております

まず、よく云われることに、うつ病患者に「頑張れ」は禁句ということが挙げられます

わたくしはうつ病であることを隠すタイプではないので、わたくしがうつ病であると知ると、人はよく「頑張れっていったらあかんのやろ?」と無邪気に尋ねてくるものですが

じつはこの「頑張れ」にもいろいろな意味合いが御座いまして、一概に「頑張れ」という言葉が禁句であるとはわたくし思っておりません

たとえば、本気で心配してくれている友人や、家族から

「応援してるから、お互い頑張っていこうね」

などと云われると、辛いよりむしろ嬉しく思えるもので、決して嫌な気分になどなりませぬ

しかしながら、たとえば理解の無い人や無神経な人間から

「なにをしているの? もっと頑張って」

などと云われようものなら、ドタマをかちわって・・・おっと失礼、多少不愉快になってしまうものでありまして

これは別にうつ病患者であるかどうか以前、人として無神経な人間に対する、誰しもがもつ感想であると思われます

「頑張れ」という言葉に「わたしはすでに頑張っているのに、これ以上頑張れというの?」という思いが生まれる場合は、えてして後者の場合ではないかと思われます

人とは様々な性格を持っているもので御座いまして、他人への配慮や理解を欠くという性格を自覚なしで持っている人間も世の中には多々いるもので御座います

そういう無神経な人間にうつ病患者は比較的敏感に反応してしまうものなので御座います

そう、重要なのは比較的という部分で御座いまして、うつ病だから特別に反応するのではなく、多少敏感になっているだけで御座いまして、一般社会においてはそのような無神経な人間は、誰からもやはり煙たがられるもので御座います

うつ病患者への接し方などと御大層なことを申し上げてしまいましたが、結局は人と人との接し方が根本にあることに、うつ病であることも平常の心の持ち主であることも変わりはないと考察する次第で御座います
スポンサーサイト
カテゴリ : 記事のURL コメント (8) トラックバック (0)

コメント

月呼弥さん

やはり、診察はそういう傾向があるんですね

わたしだけじゃなくてよかった^^

でもなぜか、待合室で待っていると、若い女性が特に診察時間が長いと感じるのは、わたしの気のせいでしょうかw

頑張れという言葉よりもむしろ、その中にある意味ですよね、やっぱり

無神経な人は本当に無神経ですから

言葉は本当に難しいですが、真心がこもっていれば、たいていは円滑に進むんですがね

Mixiからきました

初めまして。Mixiからきました。

診察ですが、こちらから言わないと、すぐに終わってしまう傾向はあるように感じます。あと、待っている患者さんが多いと時間が短いような・・・。
私は診察が終わろうとする場合、「すみませーん!」といって、話を伸ばしたりしています^^;

薬が体にあっている場合、数ヶ月はそのまま様子をみるので、特に不安とかを訴えてこなければ、診察時間が短くなってしまうのかもしれませんね。


”がんばれ”は、私も同じように感じます。言葉が悪いんじゃない。その中に含まれている意味が重要と。たとえ”がんばれ”といわなくても、がんばれという意味が含まれていると、カチンときますしドスンと落ちます。言葉って難しいですね^^;。

仮福真琴さん

どうも、初コメありがとうございます

いや、ほんとに30秒だったんですから、参ってしまいます^^;

しかし、症状はかなり改善されていると思います
そのかわり副作用もしっかりと出ておりますが

パキシルは強い薬らしいのである程度の副作用は覚悟しております

しかし、心配して頂いて非常にうれしいです

ありがとうございます!

いろいろ心配しています

ゆっちさん。
初コメントです。ミクシーから来ました。
ゆっちさんの投薬量・種類拝読いたしました。
診察時間、30秒・・・・。
これは確かに、うつの処方とは思いますが、これを医師の指示通りキッチリ毎回服用し、2年も通って症状が改善されないのでしょうか?
(私が、13年間飲んでいた薬の量、処方よりははるかにましです。)
ゆっちさん、まだお若いし、わたしはいろいろ心配になって参りました。
京都の方ですか?
ここでは、書ききれませんので、もしよろしかったらミクシーの中でメッセージ頂けませんか?
私で、何かお役に立てれば幸いです。

あんちゃんさん

いいことをおっしゃる
たしかに執着というか、心のわだかまりを捨てられれば、素直に受け止められることもできますね
しかし、すぐにというわけにはいきません、のんびりゆっくりといきます

確かにそれはいえますね。
私も長い闘病生活の中で、いろいろと考えさせられることが多々ありました。
”所詮はみんな他人事。”と。
しかし、そうではありませんよ。
まず、自分自身が馬鹿になって執着を捨ててしまうと、
どんなシチュエーションの頑張れでも素直に受け止められます。
今は冬に時期。お互い心の春が来るまで、のんびり生きましょう。

bao-さん

そこはポイントなんですよねぇ

無邪気だからなんとも言えませんが、むしろそういう扱いが辛くなってしまうという点もありまして

難しいですよね

自分は 頑張れっていったらあかんのやろ?
と無邪気に聞かれてもドタマをかちわりたくなりますwww

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mechanicalwatch.blog4.fc2.com/tb.php/16-f2365714
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。