--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年05月21日 (16:59)

山で呼ばれても素直に行くな

さて、そろそろ『京都の昔話』の返却日が近づいてきたので、連投です。

今日のお話は「死亡の知らせ」というお話。

昔、木こりの権兵衛が、ある森の中の椎の木の上に乗って寝ていたそうだ。

するとむこうから、
「おうい、権兵衛や、お母が死んだよう」
「おうい、権兵衛や、お母が死んだよう」
云うて、大声で何かがわめいていたそうな。

権兵衛は寝ていたのでいまいちわからず、うとうとと目を開けると提灯が五つも六つも灯った列に、ドンチャンドンチャンドロンチャンと、葬式の行列が来たので目が覚めて、はてどこへ行くんだろうと思ってみると、権兵衛の真下にきて、ごそごそ物音がして、
「権兵衛や、お母が死んだ云うてももどらずに」と云いながら、なにかが木を登ってくる。ひやっとしとったら、
「いっぺんもにへんも、もどれ云うてももどらんと」と云いながら、どんどん登ってくる。

権兵衛は木にくくりつけてあった斧をとって身構えておったら、
「人がもどれ云うたときには、もどるもんだ」
声と共に権兵衛の真下ににゅっと大きな手が出た。

権兵衛はいまだと思って持ってた斧でどしゃっと切った。
権兵衛は「こわや、こわや」思っていたら、夜が明けかけた。

「ほんまに、ひでえめにあわせた、この野郎」と思って、下を見ると、椎の木の下に、大きな大きな猿だがひひだかわからんもんが、どしゃんと大の字になってぶったおれとっただと。

権兵衛さん、もしも呼ぶ声に応じて下へ降りていたなら、餌食になっていたのでしょう。
山にはなにが起こるかわからないものです。

人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
カテゴリ : 文学記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mechanicalwatch.blog4.fc2.com/tb.php/166-455f0ff8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。