--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年02月18日 (23:18)

どっぷりと漬かっております

寒い日が続きますな

都のはずれに御座います、吾が庵の周りにも頻繁に雪景色が広がりまする

みなさまご機嫌いかがで御座いましょうか

どうも

無職うつ病

で御座います

さて、本日はタイトルに御座いますように、わたくしの漬かりっぷりを示したいと思い筆をとりました次第で御座います

はて、何に漬かっているのかと申しますと、これ、で御座いますな

まあ、と申しましても、イリーガルなものでは御座いません

ご存じのとおり、うつ病で御座います

何故漬かっていることを自覚できたかというところから話は始ります

本日、実は所用が御座いまして、ほぼ一日丸々おんもへお出かけしていたので御座いますが、そのような機会が少ないためか、わたくし朝のを飲み忘れましてですね、図らずしも、プチ断薬を敢行してしまったので御座いますね

まあ、わたくしの朝のメニューと申しますのが

デパス1mg 2錠
アビリット50mg 2錠
トレドミン25mg 1錠
リズミック10mg 1錠

という比較的ヘヴィーローテーションで御座いまして

ちなみに、デパスアビリット抗不安薬トレドミン抗うつ薬リズミックは聞きなれない方も多いかと思いますが、これは血圧をあげるで御座います

わたくし実は非常に素敵な低血圧野郎で御座いまして

酷い時は上が50台、下が30台なんてこともあるほどで

それを半泣き主治医に相談したところ、処方してもらったなので御座います

さて、これら6錠を期せずして全て断ってしまったわけですが

その反作用と申しましょうか、反動たるや凄いもので御座いまして

まず、思い切りフラフラするので御座います

いうなれば、ドラえもんの如く3mm浮いているかのような浮遊感が御座いまして

いわゆる軽い眩暈がずっと起こっているような感覚で御座いますな

さらに、感覚の鈍化と申しましょうか、体を何かの膜に包まれてしまっているような感じですが、なかなか表現が難しくですね、一概にすべての感覚が鈍っているわけではなく、一部のみ鋭敏化してしまって、寧ろそのためにほかの部分が鈍化してしまっているかのような、なんとも云えない状態に陥ってしまいましてですね

まあ、格好つけて云うならば

プリミティヴな感覚だけが鋭くなってしまった

みたいな感じで御座いましょうか

まあ、実例を挙げますと、ものを食べてもほとんど味が感じられません、しかし、噛んだもの自体の噛み心地は普段以上に鋭く届きます

また、音楽を聴いていても普段のような聞こえ方ではなく、なんだか低い部分と高い部分が強調されているといいましょうか、神経質な感じを受けます

その他、舌のしびれによる呂律の悪化や、無意識に肩に力が入っているために起こる肩こり、頭痛、食後の吐き気など、まあ、いろいろと悪いです

それらが断薬がもたらした反動であることは、一目瞭然と申しましょうか、当り前のことのように理解できましてですね、そういう反動を抱えるということ自体が、かなりどっぷりと薬漬けだと実感させられるわけで御座います

うつ病は中毒性と云いましょうか、断った時の反動がひどいですな、やはり

まあ、うつ病に限らず、長期にわたってを飲み続けるということは、体がそれに慣れるということなので、そういう意味でも、徐々に減らしていかなければならないのだと、骨身に染みた一日で御座いました
スポンサーサイト
カテゴリ : 記事のURL コメント (6) トラックバック (0)

コメント

諸行無常のアリさん

ええ!? そうなんですか!?
うちの半泣きはずっと同じ薬出し続けてますよ

ええ~ちょっと、半泣き、大丈夫かなあ

心配になってまいりましたよ、これ

そうですね。
私も同一の抗うつ剤を飲みすぎて中毒になってうつ状態が酷くなった時がありましたからね。
だから、普通の医者はある程度の期間が経つと処方する薬を変えますね。

かげさん

呂律の悪化や吐き気は薬が効きすぎている時にもなります

デパスは筋弛緩効果もあるので、服用しておくと肩こりや、そこから起こる頭痛の対策にもなります

まあ、薬に頼らないのが一番ですが

呂律の悪化、肩こり、頭痛、吐き気・・・よくあります。
薬を飲み忘れた時になるのか。シラナカッタ。
でもちゃんと飲んでるんだけどなぁ。

TOKOさん

いや、ほんと大変な目にあっちゃいますよね

わたしもパキシルは服用しているのですが、それを飲み忘れた時も同じようになりますよ

やはり、薬に慣れた体だと、それがなくなると大変なんですね

ご心配ありがとうございます

私もうっかり鬱の薬を飲み忘れて、
離脱症状で大変な目にあった事があります。

私はパキシルを内服していたのですが、
ゆっちさんと薬は違いますが、症状は似ていました。

こんな時は体を休めて無理せず、
落ち着くのを待つのが1番かもしれませんね。
お大事にして下さい。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mechanicalwatch.blog4.fc2.com/tb.php/19-038b482b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。