--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年07月19日 (23:58)

くすりを飲んで生きているということ

日々の疲れをためにためているプロレタリアートの皆さんこんばんは

待ちに待った3連休

皆さんいかがお過ごしでしょうか

わたしは昨日また発熱しまして、奇しくも4連休です

でも、熱が出ているなんて、ちっとも嬉しくないです


どうも

ちょい落ち@うつ病

です


えらいこっちゃ、ランキングがウナギ下がりどすえ

さあ、みなさん、順位確認して、助けてくださいませ

人気ブログランキング順位確認

FC2 Blog Ranking順位確認


わたくし、夜はもはやハルシオンがないと眠れません

日々、パキシルトレドミンといった抗うつ薬、それにデパスアビリットといった抗不安薬を飲んでいます

それがないとまともな生活を送れません

抗うつ薬抗不安薬を飲んでいてさえ、うつ病の症状が完全に抑えられるわけではなく、今のように、軽く、もしくは深く沈む時があります

つまり、わたしは薬がないと生きられないのです

誇張ではなく、生きられないと思います

どこで見たのか覚えてないので、正確な情報かどうかも分かりませんが、毎晩睡眠薬を飲んで眠るのは、毎日一箱のたばこを吸うのと同じくらい体に負担をかけると書いていたものを読んだ記憶があります

なんといいますか、悲しいです

だったら、抗うつ薬抗不安薬まで大量に飲んでるわたしはどうなるのでしょうか

薬に生かされているという感覚は、もう、わたしは中毒であるという認識に通じます

それなくしては生きていけない、まさに中毒

うつ病の怖さをまたしても思い知った気がします

いつになったら抜けるのでしょうか

もう薬を飲み始めて3年になります

3年間もこんな大量に薬を飲んでいるのです

わたしの体は蝕まれているのでしょうか

どんどんどんどん蝕まれて、最後には何も残らないのではないでしょうか

薬を飲むと楽になります

抗不安薬であるデパスは特に、わたしには効果覿面、何が不安だったのかさえ、忘れさせてくれます

しかし、本当にそれでいいのかと、時折思います

不安を受け入れられる耐性が徐々に削れている気がします、わたし自身が弱くなっている気がします、薬に頼らざるを得なくなっている気がするのです

焦らず、のんびりと

そう、ゆっくり治していけばいいと考えていました

今だってそう考えています

でも、本当に治る日はくるのでしょうか

急に底の見えない深淵をのぞいた気がして、そしてそこから上を見たら、実はわたしの立っているところも真っ暗やみの深淵の中のような気がして、いてもたってもいられなくなる時があります

嗚呼、わたしは正常とはいえないのでしょうか
スポンサーサイト
カテゴリ : 記事のURL コメント (15) トラックバック (0)

コメント

ちわわたろうさん

どうも、はじめまして☆

ストレスが一番大敵です、まさにその通りですよ
薬はやはりサポートとわりきって行かないといけませんね

わたしも前を向きます! ありがとうございます

じいさん

はい、薬がないとたぶん自殺しちゃうだろうと考えると怖くなります

でもじいさんのおっしゃるとおり、薬の力を借りているとは考えています

ただ、いつまで? って思うと不安になってしまって

考えすぎですよね、そこが難しいんですよね

夢子さん

そうですよね、うつはいつか治りますよね

わたしも少しですが薬の量を減らしてみたりしています

いつか完全に飲まなくなる日が来るのを心待ちに望んでいます

freddieさん

お久しぶりです!

そうですか、熱が続いているんですね、それは心配ですね

たしかに、薬は治すための手段だと考えてはいるんですが、時折不安に襲われてしまいます

けど、薬に限らず、いろいろ不安に襲われるので、薬が特に悪いわけじゃないとは思っています

ゆっくりと治していくしかないですね

アルさん

はい、まさにその通りで、薬のことで不安になり、また薬を飲むという無限ループに嵌まってます

これはいかんと思い、気にしないようにしています

TOKOさん

わたしも体調がしょっちゅう崩れます

今回の発熱もおそらくそれだと思います

風邪の症状とか一切ないのに、熱だけでるって、知恵熱かよwって感じです

こまったもんです

まりんさん

そうです、その虚無感、それが非常にやっかいなんです

なんというか、時折、ふっとその虚無感に襲われるんですよ

この病気の特徴なんでしょうか、それとも人によって違うんでしょうか

pretoさん

熱は下がりました、ありがとうございます!

確かに焦らずゆっくりといくしかないですよね

ありきたりでも、励ましてもらえると嬉しいです

熱が下がらないのは辛いですね。
全身のだるさや痛みなどもあるでしょう。
気分も落ち込みますよね。

僕は今は11種類の薬を飲んでいます。
飲まないと生きられません。多分自殺するでしょう。

薬の力を借りて生きている。
薬で生かされてるのではなく、利用しているだけだからいいのだと思いますよ。

減薬は焦らないで。ぶり返しが怖いです。
薬に頼らず生活することが目的ではなく、「楽しく暮らすこと」が目的だから、薬の力を今は借りましょう!
大事なご家族のためにも。

落ち込むことがなくなって、しかも倦怠感なく働けるようになったら、少しずつ減らせますから。

今は考えず、ゆっくり浮上する時を待ちましょう。

なんて言っても「考えない」ことが、一番難しい病気ですよね。考えすぎるくらい考えるから辛い病気です。

私は統合失調症なので、新薬がでるまではほぼ完璧に薬と一生を共にするのは確実です。
はじめは飲みつづけなきゃいけないことに絶望的な気持ちを持っていましたが、生活の一部として薬を飲むことは自然なんだと思うようにすると、特別なことをしてるんじゃないんだ、と思うようになり、いくらか気持ちは楽になりました。量も減ってきましたし。
鬱はなおります!
いつか飲まなくてもいいようになりますから、あとはあんまり深く考えないようにしたほうがいいと思いますよ。

お久しぶりです。フレディーです(^^)

実は、今、私も熱があるんです。ここ3週間ずっと熱があります。
鬱のせいか、それとも体が弱ってるのか…(^^;)

この頃感じるのですが、鬱の体や心に一番イイのは、何も考えずに、やりたいことだけをやることだと思います。そして、気が楽になる環境を整えることだと思います。

薬を飲むことは、決して悪いことではないと思いますよ。
病気を治す手助けをしてくれるのが薬ですから(^^)

お互いに、今はゆっくりと時を過ごしましょう。

薬を飲むと負担は大きい
でも、薬を飲まなくても負担は大きい

少しずつ薬の量を減らせるようになればいいんですけど、ね。
気にしすぎると今度は精神面での負担がでかくなるので余り考え込み過ぎないように、ですよー。

睡眠薬ってタバコ1箱分と同じなんですか?
ちょこちょこ飲んでいるので、なるべく薬に頼らない様に
入眠したいものです。

私も鬱関係の薬を飲み初めてから3年ほど経ちます。
体調崩すとなかなか治らなくなりましたし、体の支障が心配です。

治療に終わりが見えない。
うちもかれこれ合わせて4年~は抗鬱剤、眠財に頼っています。
が、薬だけで治るものではなく・・・かといって気分が上昇するわけでもなく。
働く意欲もなく。発狂したい思いを抑えながら死人街道まっしぐらです。
生きてるけど死んでいる。虚無感が支配していてどうしたらいいのやら(´ω`)

発熱中に連休を迎えるのは嬉しくありませんよね。
早く熱が下がって連休を満喫出来る事を祈ってます(`・ω・´)

薬が体に与える負荷の事を考えると不安になりますよね。
いつになったらこの薬たちから解放されるのだろうか・・・とか考えちゃいます。
でも焦っても自分を追いつめるだけなんですよね。

お互い、焦らずゆっくり良い方に向かうといいですね。
ありきたりな言葉ですけど(^^;)

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mechanicalwatch.blog4.fc2.com/tb.php/70-ce6573a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。