--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年12月16日 (23:21)

偕老同穴とはよくいったもので

身に寄せる寒風に震え、日々の仕事に力も入らないプロレタリアートの皆さまこんばんは

これから冬が始まるかと思うとうんざりします

いっそ人間にも冬眠システムがあればよかったのにと切に思わずにはいられません

どうも

嫁さんに感謝@うつ病

です

いやあ、のろけではないつもりですが、のろけになるかもしれません

話はうちの夫婦仲なんですがね

これ実はかなり良い方だと思うんですよね、ホント

別に夫婦仲測定ランキングとかに参加して上位入賞とか、他家と比べて圧倒的にどうこうとかそういうわけではないんですがね

気が合うんです、単純に

お互いがお互いの意見を認めあったり、認められない時はお互い納得できるまで話し合えたり

お互いの趣味にしても、認めあうどころか、入って行っちゃいますからね、興味津々で

なんというか、まあわたしが性欲皆無なんで、やっぱり肉体的なつながりはどうしても薄いんですが、精神的とでも申しましょうか、その辺がしっかりつながっているなぁと実感させられたりすることもしばしばあります

で、今日はその一端といいますか、少し驚いたことがありまして

実は嫁さん、クリスマスプレゼントにわたしの財布を買っていてくれたんですね

まあ、クリスマス前後に届くように注文したらしくまだ手元にはないんですが、その財布の話です

わたしとしては、わたしの好みや趣向も聞かずに勝手に買っちゃって大丈夫かなぁなんて心配してたんですが、今夜その話を少ししていたら

嫁「結構いい財布なんだよ」
ゆ「ふぅん、どんな財布なの」
嫁「うん、なんか馬のおしりの皮で作ってあるやつで・・・」
ゆ「え、それってコードバンじゃないの!?」
嫁「え、なんで知ってるの!?」
ゆ「コードバンの財布、ずっと欲しかったんだよ!」

ってわけで、実はわたくし、コードバンの財布を欲して早1年半、ずっと欲しいなぁとは思いつつも、今使っている財布もまあ愛着がありますし、コードバン結構高いですし、延ばし延ばしといいますか、結局まだ手を出してなかったんですね

しかしそんな話は一度も嫁にしたことはなく、コードバンというもの自体も嫁は買う時にまで知らなかったようで、本当にたまたま、コードバンの説明を読んで、いいなと思ったから注文したらしく、わたしとしては驚きでした

まあ、偶然といえば偶然なんですが、同じものを良いと思う感性を持っていなければ成り立たない偶然でもあるわけでして、なんといいますか、やっぱり気が合うんだなとつくづく感じとった次第でした


クリックしていただけると、非常にうれしいです
なにとぞ、清きクリックを
人気ブログランキング

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
カテゴリ : 記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

コメント

ヌマさん

そうなんですよ、むしろわたしより嫁さんの方が喜んじゃって

たしかにうれしいものですよね

シンクロニシティかもね。
どちらにしても、相方さんへの思いが強い証拠だね。
こういう偶然ってものすごくうれしいものですね。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mechanicalwatch.blog4.fc2.com/tb.php/92-99377f31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。